FC2ブログ

ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ヒナのときよりさらに一ヶ月ほど早く、、
ユズのランドセルを注文しました。
いやー、毎年毎年、早くなってますよね。。

ヒナのときに色々調べてはいましたが、今回は丈夫さを追加条件にしました。

登校班やら授業参観やらでたくさんの子どもを見ていますが、
皆かなりすごいです、ランドセルの扱いが(特に男児)・・・

1.道に投げる
2.ランドセルを武器に戦う(たたきあう)
3.ランドセルを椅子にする
4.持ち手をつかんで引きずる
・・・etc

あと、じゃんけんで負けた人が全員のランドセルを次の電柱まで持つという遊び。
昔やったことのある人も多いのでは。(私も記憶があります)
先日、近所の小学生がやっているのを見かけましたが、すごかった。。
次の電柱に来るやいなや、全員のランドセルが
躊躇いなくアスファルトの上に投げ出されていました。

ちなみに女児も、本人の性格や、
お友達がどういうメンツだったか、でかなり変わります。
「うちの子はやるかもしれない」
と思うようなら、丈夫なランドセルにしたほうが無難です。
そして、色は濃い色にしないと悲惨です。。
(逆にそういった激しい遊びには参加しないような子は
 男児でも女児でも見た目重視で選んで大丈夫です。
 ヒナはその手の遊びには参加しない派なので、
 ランドセルは4年生の今もかなり綺麗です。壊れる気配もなし。)

ユズは参戦してもおかしくないタイプなので、
丈夫なランドセルにしよう、と心に決めていました。

大きな方向性が決まった後はデザインで絞り込み。
こればかりは本人の希望も大きいので、聞いてみると、、
「ドラえもんで、のびたくんが背負ってるみたいなやつ」
とのこと。。謎!謎すぎる。
色々HP上のランドセル見せてみましたが、
非常にシンプルな昔ながらの黒いランドセルが良いようで。。
飾りは要らない、色も黒がいい、
それが一番格好イイんだ、と強い調子のユズ氏。
目指すところは「のびた」で良いのか?と複雑な思いでしたが、
それであればと、ヒナのときは断念した工房系から選ぶことにしました。

(なお私が見た目で自由に選べるなら、
 伊勢丹三越のオロビアンコのネイビーか、
 セイバンのコンバースモデルがいいなーって思ってました。
 2つとも飾りが、、とユズに却下されましたが、、、)

工房系といっても本当にたくさんあるのですが、
実店舗、もしくは展示会にいけるところで絞込みました。
とはいえランドセル選びにそんなに週末を使えないので、
条件でさらに絞り込むことに。

今回メインの条件は丈夫さ。
丈夫さ、と言っても各社、丈夫であることをアピールしているので、
差がよくわかりません。
そこで、ランドセルはどこが壊れるのか?を調べました。
Googleで、「ランドセル 壊れ」で検索してみてください。
ほとんど背カンと呼ばれる、肩ベルトと本体をつなぐ部分が
破損しています。
もともと負荷がかかりやすい箇所ではありますが、
最近この部分が「プラスティック」で作られているため、
どうしても強度的に厳しいようで・・・
とはいえ、プラスティック製でもまともなメーカのものはかなり強度があり、
よほどのことをしなければ壊れない、みたいです。
調べてみましたが、ほとんどの工房・メーカで、
背カンにプラスティックが使われています。
ヒナのランドセルも、見たら赤いプラスティックが使われていたので
四方八方から見ましたが、確かに壊れるイメージができないぐらい頑丈そう。
通常使用の範囲なら、まったく問題なさそうです。

このため、決め手というにはやや弱いのですが、
大丈夫なプラスティック部品を素人の私が見分ける自信がなかったのと、
ユズが「通常使用の範囲」で扱ってくれるか自信がなかったので、
念のため、背カンにプラを使っていない工房で2社に絞りました。
「中村鞄製作所」「大峽製鞄」です。
(注:うちから行き易いところしか調べていないのでご注意を)
 ・中村鞄製作所
 ・大峽製鞄

両方見に行こうと思って「大峽製鞄」も展示会の整理券をとったのですが、
結局、行ったのは「中村鞄製作所」だけでした。

なぜかというと、A4フラットファイルの対応が原因です。
大峽製鞄(オオバランドセル)もA4フラットファイルは対応です。
台形にすることで、背中側に入るようになっています。
が、うちの小学校、プリント類をファイリングするA4フラットファイルに加えて
連絡帳袋↓(A4)と
キョクトウ 連絡袋 L型 ダブルジッパータイプ
キョクトウ 連絡袋 L型 ダブルジッパータイプ
少なくとも2つ入れる必要がありまして、、
場合によってはフラットファイル2つ+連絡袋、
と3つ、大きいものが入ります。
(どちらも学校で配布されます)

オオバランドセルだと少なくとも前面側は入らないのは確実なので、
入りきるのかな、という不安があり、断念。

というわけで「中村鞄製作所」まで行ってきました。
工房が開いていない日だったのが残念でしたが
全種類を背負うことができました。
背負いやすさに定評がある工房で、まだまだ小さいユズですが
横から見るとすごくフィットしています。
ランドセル(ユズ)
飛んだりはねたりしても、大きくガタガタしない感じがありました。
背カンも立ち上がりすぎず、良い感じです。

形はよさそうだね、ということで次は材質選び。
中村鞄に限らずランドセルの材質はほぼ3種類です。
種類耐久性軽さ耐傷性風合い値段
コードバン
牛革
人工革
こんな感じ。
コードバンは馬のお尻の革で、希少で高価です。
つやつやした革で、高級感があり、型崩れに強いとのこと。
(中村鞄はつや消しタイプですが、それでも十分つやがありました。)
高価(88,000円)で、一番重い(1,350g)ですが、
あの質感がイイ!という方も多そうです。
(販売店でも手にとって見ている方がかなりいました)
我が家では耐傷性重視だったので候補外でしたが、
大事にしてくれるお子さんならあり。

次は牛革。
中村鞄では牛革が一番人気のようで、カラーも豊富でした。
耐久性、耐傷性に優れています。
人工革に比べるとやや重い(1,250g)ですが、牛革にしては軽い部類です。
お値段はコードバンと人工革の中間(63,000円)。

次は人工革。
人工革といえばクラリーノが有名ですが、中村鞄はベルエースです。
人工革は質感が牛革に劣る、といわれていますが
比べてみても、素人目には牛革と見分けがつかないレベルでした。
一番軽く(1,100g)、お値段もお手ごろ(48,000円)なのが魅力。
また、中村鞄ではベルエースだけランドセル内の柄にチェックがあり、
ハートの刺繍ができるタイプがあったりと装飾性があるので、
女の子が何人か背負っているのを見かけました。

我が家も牛革とベルエースをうろうろうろうろして悩んでいましたが、
結局、150gの差は持ってみるとほとんど感じないこと、
とにかくユズ氏には丈夫なほうが良いのでは、、ということで、牛革にしました。

色は、本人が(あれほど黒推しだったのに)途中、
「ダークグリーン」「インディゴブルー」に浮気しかけていましたが、
悩んだ末、当初の予定通り黒にしました。
「ダークグリーン」も「インディゴブルー」も、
どちらも黒に近い色なのでそこまで浮かないですし、
おしゃれな雰囲気が出てすごく良かったです。
色々みてるとアレも良いな、コレもカッコいい!ってなりますね。。

なお中村鞄は6月末まで、閉め口のところに
無料で刺繍をしてくれるというので、
(刺繍はとれちゃうんだよなー)と思いつつ、
あまりにシンプルなランドセルなので、
アクセントが欲しくてつけてもらいました。
目立つところでもないので、とれたらとれたで、味ということにします。
(7月からは有料で3,800円になります、が
 今見たら7月までランドセル本体が残ってるのかな、という感じですね・・・)

中村鞄の特徴でもう1つ気に入っているのが、
背面、側面、肩ベルトと3箇所に反射板が入っていることです。
ヒナとユズは今、お揃いのTHE NORTH FACE のリュックを使っているのですが、
肩ベルトと背面に入っている反射板(リフレクター)がかなり良い仕事をしているので、
鞄にリフレクターが付属しているのはかなりポイント高いと感じました。

THE NORTH FACE スモールデイ

共働きの場合は特に、子どもが家に帰らず直接習い事にいくケースがあり、
夕方~夜間にランドセルで移動することも。
こういった仕掛けはすごくありがたいです。


そんな感じで、我が家のラン活はこれにて終了です。
ここ最近ずっと忙しかったので調べ足りない感もありますが、
男子の黒ランドセルは遠目でみるとまったく同じに見えるんで
まあ、いいや。壊れないでくれれば。。と思っています。。

同じ保育園の子も手配済みの子がチラホラでてきました。
工房系は完売商品がだいぶ出てきていますが、
百貨店系はこれからのところも多いかな。
みなさん、お目当てのランドセルが手に入りますように!

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://babyhinata.blog16.fc2.com/tb.php/358-29ee082b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。