ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

GWも終わりですね~
今年は休みがつながっていたので、遠出した方も多かったかな。
我が家は夏の旅行に向けて緊縮財政中なのでおとなしくすごしました。

今日は、昨年の初秋に行った初キャンプのグッズレビューです。
これから良いシーズンなので、初キャンプという方はご参考ください。

ただ、キャンプといっても本格的なものではなくて、キャンプサイトで、
元々テントが張ってあって、というビギナー向けのタイプ。
テントの隣には屋根つきのBBQスペースがあるような、本当に初心者向けのところです。
(でも初心者でベテランが一緒にいかないような場合、最初はそういうところがいいですよ!
 特に子ども連れは。。)

キャンプで必要なグッズってめちゃくちゃ数があって・・・大きく衣・食・住分けるとこんな感じ。
衣:着替え・防寒具(虫が出るので長袖長ズボン)・パジャマ的なもの
食:BBQ台(バーナー等)・炭・クーラーボックス・トング・調理器具・食器類
住:テント(ペグ・ハンマー等ふくむ)・マット・寝袋・まくら・椅子・ランタン等の照明

全部自前で揃えるとすっごくお金がかかる!!
年に何度もいくならともかく、そうでもない場合、大物はレンタルがおすすめです。
特にテントとBBQ台は収納も嵩張ります。

<住>
うちは前述の通り、「住・食」が設備として整ったところを借りたので
殆ど買い足していませんが、サイトを見たところあまり寝具が充実していなかったので、
これ↓を買いました。

スノーピーク セパレートシュラフ オフトンワイド [ BD-103 ]


キャプテンスタッグ キャンピングシート EVAフォームマット ダブル 140×217cm UB-3001
キャプテンスタッグ キャンピングシート UB-3001

各1つずつ。
キャンプサイトに張ってあったテント(ティピータイプ)の床面積を計算して買ったのですが、ぴったりでした。
家族4人、小さめの子どもならちょうどいいぐらい。
ただ、床がごつごつしているような場所だと、マットのほうはもっと厚みがほしくなると思います。

寝袋ですが、敢えておふとんタイプにしました。
2人ともめちゃくちゃ暑がりなので、、寝袋タイプだと途中、脱出できずに大騒ぎになると思って(汗
サイズ105×210cmで、ちょうどシングル布団ぐらい。

今回はキャンプサイトに寝具があったのでそれを敷いて、
ワイドオフトンをチャックオープンで完全に広げて2枚の上掛け布団として使いました。
連結して使えるので買い足せば、少し寒い季節でも家族布団みたいな感じにできます。
2人がもう少し大きくなったら、もう1つ買い足そうかな。
ちょっとお高いですが色んな使い方ができるので
うちみたいにキャンプはたまに行く、ぐらいの人にはおススメです。

収納するとΦ28×52cmになります。一般的な寝袋にしてはやや大きめ。
たとえば登山にいく等で荷物をなるべく小さくしたい場合には向きませんのでご注意を。
収納袋はキッツキツというわけでもないので、女性が1人でも収納できます。

<食>
食事関係のものはかなり充実していたので殆ど用意しないで行ったのですが、
子どもがいる場合は、使い捨てで良いのでフォークとナイフがあったほうがいいです。
うちが行ったキャンプサイトでは手に入らなかったので、
当時まだお箸トレが完了していなかったユズはあ~んで食べていました。

あと、キャンプ場でペットボトルを買ったとき・・・ママこぼしちゃった事件がおきると悲惨なので、
こういう↓タイプのキャップをつけておくのがおススメ。
アンパンマンミュージアム 限定 アンパンマン ペットボトルキャップ
アンパンマンミュージアム 限定 アンパンマン ペットボトルキャップ

こちらはアンパンマンミュージアムの限定品。
(注:定価600円です。ミュージアム内に入らなくてもグッズショップは使えますし、
   近所の方は行ったほうがお得です。)
行くといつも何個か買って、ちょっとした出産祝いに備えています。
ストロー部分が市販のものを取り付けるタイプなので衛生的です。
この手のものはストローの洗浄が難しいですからね~

ちなみに、100円均一などにも似たようなタイプが売っています。
子どもがひとりで蓋を閉めにくかったりやや漏れたりすることがありますが、
キャンプで一時使いするなら充分です。

我が家では車のなかとか、こぼさないでほしい場所で子どもが独りで飲むシーンがある場合に
かなりの威力を発揮しています。

キャンプにかかわらず、春~秋まで大活躍なのがこちら↓

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー+倍速凍結・氷点下パックM×2


クーラーボックスとしてはやや高価ですが・・・
・とにかく冷却期間が長い
・たたんで収納できる
・軽い
のがGOOD。
保冷性能は、朝出かけて、夕方まで冷えているレベルです。
冬場は使わないのでたたんで収納しています。

Mサイズを買いましたが、500mlペットボトルが4本入るのでうちの用途としては問題なし。
アイスなんかも半日とけないので、重宝しています。
小さい子だと、アイス買っても一度に食べられず、あわあわしているうちに全部とけちゃった・・・
ということもありますよね。
でも夏場は車内も暑いしアイスが食べたい。
そういうときは、こういう↓タイプの蓋ができるアイスを買って、

ロッテ クーリッシュ バニラ 24入

食べ切れなかった分は蓋をしてクーラーボックスにin。
10時ぐらいに買ったアイス、3時のおやつで続きを食べられます。

グッズとしてはそんな感じかな。
あとは防寒具やら着替えやらをぎゅうぎゅうに詰めて・・・
初のテント泊!
子どもたちは狭いところが大好きなので大興奮でした。

テントは楽しいですが周りの音がつつぬけなので、
おとなりの女子大生たちの、
「良い男がいない」「時代が私についてこない」という話を深夜まで面白く拝聴して
ちょっと寝不足でした(笑
(子どもたちは疲れていたのでグッスリでしたが)
次は耳栓もっていったほうがいいかもですね。

今年もまたどこかに行きたいなと思ってます。
子どもとキャンプ、おすすめです。

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://babyhinata.blog16.fc2.com/tb.php/338-c65b0b65