FC2ブログ

ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

先日、保育園の保育参加に行ってきて驚愕。
年少クラス(3~4歳)、8割ぐらいの子がすでに「箸」使ってました。。
ヒナはエジソン箸は上手なんですが
普通の箸は使えないので、園ではフォークで食べてました。
まだ3歳だしいいかなと思って
普通の箸の練習、家でほとんどしてなかったんですよね。反省。

※ひなの使っていたエジソン箸
 

というわけで、急遽ここ一ヶ月練習にいそしんでおりました。
ようやくほとんどマスターしたところまでいったので
手順をご報告いたします。

我が家の練習方法は以下2ステップでやりました。

1.成功体験を積み重ねる
 最初、どうもうまくいきませんでした。
 普段はそれほどカンシャクを起こさないヒナが、
 食卓に箸が並んでると嫌な顔をして、機嫌が悪いんです。
 お恥ずかしながらケンカしてしまいまして、
 その後、ヒナの気持ちになって考えてみたんですよね。

 お腹すいたなぁ。今日のご飯はハンバーグか、はやく食べたいな。
 ↓
 やっとご飯がでてきた!やったー!
 ↓
 でもうまくつかえない箸で食べろ、と言われた…
 お母さんが期待に満ちた目で見ているから仕方ない、少しやるか…
 やっぱりできない。諦めるなって言うけどけどお腹すいた;;
 ↓
 私ははやくご飯を食べたい!ムキー!

 …そりゃーカンシャクも出ますわ。
 かわいそうなことしてしまった(泣
 
 というわけで反省しまして、当面ご飯のときは箸は出さないことにしました。
 代わりに、遊びの中で「箸」を取り入れることに。
 
 最初はこういう↓箸を練習する用のおもちゃを投下しようかと思ったんですが
 マナー豆(マナービーンズ)
マナー豆(マナービーンズ)

 つるつるした豆をつまむのってけっこう難しいですよね。大人でも。
 遊びの中では「成功体験を積み上げて」欲しかっただけなので
 難しさやゲーム性は不要…

 というわけで、自作しました。
 自作といってもたいした内容じゃないので、是非やってみてください。

 1.箸
  割り箸を短くする。
  長さは、親指とひとさし指を直角に広げて、
  親指のひとさし指を結んだ長さの1.5倍ぐらい。
  割り箸の太さはさほど気にしなくて良いかと。
  多少ざりざりしてたほうが滑らないので、
  やすりをかけたりして、つるつるにしないほうがいいです。
  トゲが残らないようにだけ注意してあげてください。
  ☆割り箸ってところがポイントです

 2.つまむもの
  スポンジを細かくちぎったもの。
  子どもがつまみやすい大きさに調整してください。
  大きすぎても小さすぎてもつまみにくいです。
  私は掃除用のメラミンスポンジを手でちぎって、
  7~8mm角ぐらいにしました。
  これも美しく角切りにするよりは、手でちぎるぐらいのほうが
  つかみやすいものができます。大きさも形も不ぞろいでOK。

 で、皿から皿へとうつす、というゲームをします。
 うちでは適当におままごと用の皿を使いましたが、
 紙皿でもなんでも大丈夫です。
 大人も普通の割り箸で、一緒に遊ぶという感じにします。

 ちなみに…
 割り箸でメラミンスポンジをつまむわけですから、
 少々うまくはさめなくても
 問題なく移動させることが出来ます。
 このとき気をつけるのは持ち方だけ。
 持ち方が正しくて、箸が多少開け閉めできてれば
 別に静電気でくっついてきちゃってても問題ないです。
 
 個人差はあると思うのですが、
 ヒナは2-3日、遊びの中でお箸練習をしただけで、
 「私、お箸つかえるかもしれない」
 と思い始めたようでした。

 使えるかも、と思い始めた気持ちがしぼむのが嫌で
 そのまま一週間ぐらい食卓では箸を出さず、
 根気良く遊びに付き合いました。
 だんだん手つきがこなれてきた…ぐらいで、次のステップに進みました。

2.食卓で箸を使ってみる
 ヒナ用に、子ども箸を買いました。
 

 エジソン箸からの移行がうまくいかなかったのもあり、
 ほとんど普通の箸と同じものを入手しました。
 こちらは指のポジションガイドがついてるだけで、普通の箸です。
 長さは14cm、15cmとあります。
 
 しつけ箸なので、正しい持ち方もイラストで詳しく解説があります。
 大人が正しく持てるということイコール子どもにわかりやすく教えられる、
 ではないので、この手の解説書があるといいと思います。
 私は、持ち方はたぶん正しい持ち方が出来ているんですが、
 下の箸が親指の根元にかかっていないと
 うまく動かないことが実感できてなくて
 最初うまく教えられませんでしたから。。

 子どもが一生懸命やってもうまくいかない場合、
 教え方がよくないってことも、あります。
 箸はもともと扱いが難しくて、
 コツをひとつでも逃すと上手に動きません。
 
 こちらの箸を使って、つまみやすいもの「だけ」を箸で食べます。
 練習の成果もあって、小さくきったハンバーグなんかは
 アッという間に、上手に食べられるようになりました。
 
 あとは本人の「できる」や「やる気」を萎めないように
 少しずつ食材を増やしながら、フォーク・スプーンを併用しつつ、
 練習していきました!

そんな感じでかれこれ1ヶ月…
もうかなりの食材を箸で食べられる状況です。
このままもう少し、ゆっくりと練習を進めていけば
四歳までには完全マスターかな。

だいぶ回り道しちゃってヒナには申し訳なかったですが、
そんな感じで我が家の箸騒動は一件落着の見込みです。
箸で苦戦してる方の参考になれば幸いです。

追記:
 ヒナはエジソン箸からそんなにスムーズな移行になりませんでしたが
 エジソン箸がNGとは思ってません。
 ずっとスプーンとフォークを使っていて突然、普通の箸を使うよりは
 箸っぽい動きに慣れておくのは悪くないことだと思ってます。
 保育園のお友達の中には、エジソン→普通の箸で、すぐに
 上手に使えるようになった子もいたみたいですよ。
 保育園のお母さんたちの話を参考に、下の子にはなるべく早い段階で
 こちらに切り替えようかと思ってます。
 

 より実際のお箸に近い使い方ができるみたいです。
 エジソンのお箸の使い方のポイント・ステップアップは、
 公式サイトに取扱説明書がありました。
 → エジソンのお箸公式

↓役にたったわ~ という方はポチッとクリックお願いします~↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://babyhinata.blog16.fc2.com/tb.php/190-3cbc5726