FC2ブログ

ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ヒナ、テレビでやっていたナルニアの映画が
かなりお気に召したようなので、原作を買うことにしました。
ナルニアは今、訳本がいろいろと出てまして・・・
どれを買おうかかなり悩んだので、ご紹介します。

一番有名なのはコレ↓ですね。

ナルニア国ものがたり(全7巻セット) 岩波少年文庫


岩波少年文庫。瀬田貞二さんの訳です。
Wikipediaによると、なんと1966年から出てるみたい。
私が小学生のときに読んだのもコレなんじゃないかなぁ

当初はこれを一括で買おうと思っていたんですが、
言い回しなどが、さすがに少し古いんですよね。
それも味があって良いんですが、
ヒナは私ほど活字中毒ではないので、
少しでも読みやすいほうが良いかと思い・・・

こちら↓を検討していました。

新訳 ナルニア国物語 (1)ライオンと魔女と洋服だんす (角川つばさ文庫)


角川つばさ文庫。 河合 祥一郎さんの訳で、2017/10/15発売なので
かなり新しいシリーズです。
河合さんの訳本は、ドリトル先生の1巻を持っていますが、
かなりフレンドリーというか、軽い語り口で
小学生でも読みやすいんですよね。
ただ、続きが気になるうちに全巻読んでしまいたいので、
今記事にしている2月時点で、2冊しか出ていないのがネック。

次に、光文社古典新訳文庫創刊10周年記念、ということで2016年からスタートした、
光文社古典新訳文庫のナルニア国物語を店頭で手にとって眺めていたら・・・↓

魔術師のおい ナルニア国物語 1


面白すぎて立ち読みがとまらなくなりそうだったので
今出てる巻まで全部(6冊)、大人買いしてきました(笑
通勤の行き帰りを使ってすごい速さで最後まで読みきって、
今最終巻が3月に出るのを待ってます・・・

やー、ナルニア・・・やっぱり面白かった。
土屋京子さんの訳が良いのもあるかな。
古臭さはまったくなくて、かといって砕けすぎず絶妙な按配です。
土屋さんの訳本、最近あしながおじさんも買ってすごく良かったので、
相性が良いのかもしれません。

こちらの古典新訳文庫ですが、上で紹介している「魔術師のおい」が1巻目。
他訳で1巻目にあたる「ライオンと魔女」が2冊目に来ます。
ナルニアの時系列に沿って出しているからなのですが、
これは原作者のルイス氏が推奨している順番のようです。
(他訳の順は、刊行順です)

華やかさはやはり2巻の「ライオンと魔女と衣装だんす」のほうが
あるのですが、たしかに7巻通しての物語としては時系列順がわかりやすく、
前後の関係がつながるので面白いですね。

ライオンと魔女と衣装だんす ナルニア国物語2


とりあえず1冊、ナルニアを読んでみる、、ということならやっぱり、
ライオンと魔女と衣装だんす(他訳だとライオンと魔女)が
華やかでオススメですが、
7冊読むぞ!という方は、時系列順がオススメです。

ヒナも2週間で1冊ぐらいのペースでグングン読んでいて、
感想を言い合ってます。楽しい。
3年生の漢字を完了後ぐらいからなら、いつでも大丈夫そうです。

ただ表紙が、子どもにはちょっと地味ですね。
ヒナも最初は食いつきがいまいちでした。
個人的には、本棚に並んだときにすっきりしていて、
さりげない可愛さもあって好きな表紙なんですが、、
これだと店頭で目を引かないんじゃないかなと思います。

光文社も気づいたんでしょうか、
今買うと、挿絵がついた華やかな幅の広い帯がついてますんで、
お子さんにプレゼントにするならそちらが良いかも。

というわけで、久々に児童書をもりもり読んで幸せになりました。
やっぱり面白い本は、大人になっても面白いんだなー
冬の大人の読書にもナルニア、おすすめです!

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。