ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

前回に引き続き、キックボードの今度はユズ(4)編です。
予めヒナの分を買うのときに下調べしていたので、
急に言われたわりには比較的スムーズに決められました。

選んだときの条件は小学校低学年編と一部変えています。

1.丈夫なもの
 乗る期間が短いので安くすませたいところですが、
 とにかく危険を顧みずガンガン飛ばしていくタイプなので
 (幼児用のペダルなし自転車もヒナのときと乗り方が違う・・・
  めちゃくちゃ飛ばしている・・・)
 とにかく頑丈なもの。

2.手元にブレーキがほしい
 ユズはフットブレーキもスムーズにマスターしそうですが、
 力がまだ弱いので、安全のため手元と足元と
 Wでブレーキをかけられたほうが止め易いかなと。

3.3輪タイプ
 お姉ちゃんの2輪もそこそこ乗れてるので悩みましたが、
 まだ4歳なりたてなので安定性重視で3輪にしました。
 近所の子も、さすがに4歳ぐらいだと3輪の子が多いです。

4.軽いもの
 ユズ、疲れるとまだ「抱っこ~」だし、
 駐車場とか危険のあるところは必ずしっかり手をつないでいて、
 ユズが大きな持ち物を自分で持ちはこぶのが難しいシーンがまだ多いので
 軽さは重要です。

これでだいたい予算、1万前後まで、で探しました。
小学校低学年編と同じ専用メーカで捜索。

1.JD Japan
 ヒナが買ったJDRazerを作った会社の幼児用のラインナップ、Kid Scooterシリーズ。
 過去は前が一輪、後ろが二輪のタイプだったようなのですが、
 最新モデル↓は逆で前が二輪、後ろが一輪です。
  
 幼児は特に手元のバーに体重をかけると思うので、
 前が2輪のほうがより安定するってことなのかな。
 重量は2.2kg。手元ブレーキはなし。
 前のほうにおそらく持つ用の取っ手がついているのがGOOD。
 現時点だと出たばかりなのもあって、実勢価格=ほぼ定価の7000円半ばほど。

2.ミニ・マイクロ(Mini Micro)
 マイクロスクーター・ジャパンの幼児向けモデル。
 子ども向けの3輪が有名なメーカなのでラインナップも充実しています。
 手元ハンドルが伸び縮みしないスタンダードと、伸び縮みするデラックスがあります。
 こちらがスタンダード↓
 
 デラックス↓
 
 ユズは4歳になってからの購入なのでスタンダードで充分ですが、
 対象年齢の下限、2歳で購入する場合はデラックスのほうが良さそう。
 下の子や親戚におさがりを考えている場合もデラックスのほうが良いかな。
 (個人的にはデザインもデラックスのほうが好き)

 重量1.5kg。カラフルでデザインもGOOD。
 手元ブレーキ、通常モデルはつかないのですが、
 マイクロスクーター・ジャパンの公式サイトに、スタンダードの
 一部のカラー(ピンクとブルー)だけ手元ブレーキ付きのモデルを発見
 実勢価格は日本正規品が、スタンダード11000円前後、デラックス13000円前後。
 平行輸入品が、スタンダード1万弱、デラックス11000弱ぐらいです。

3.ラングス・バランススクーター
 ラングスの3輪はこちらのバランススクーター↓
 
ラングス バランススクーター

 重量は1.7kg。手元ブレーキはなし。
 ただ、ネット上では扱いのある店舗が少なくて価格もまちまち(\5000~)。
 
 ラングスは幼児用で2輪はR4というモデルがあって、こちらのほうが安定して扱いがあるようです。実売が\4000~↓
 
 ラングス・キッズスクーターR4


---------------------------------------------
利用する期間が短いのでかなり悩んだのですが、
とにかく動きが荒いので、安全をとりたくて
結局一番条件を満たしていた、2.ミニ・マイクロを購入しました。
本当は楽天で買いまわりで買いたかったのですが、
楽天の公式サイトには手元ブレーキ付きの扱いがなかったので公式で購入。

ゲスト購入したら、しばらくメールひとつ来なくて突然郵送されてきました^^;
まあ海外メーカの日本法人のサイトってそんな感じですけどね。。

クリスマスのプレゼントなので、まだ開封してませんが
開封して遊んだらまた、このエントリに追記しにきますので
ご検討されている方は年末また来てみてください!

2016/12/26追記:
 開封して大喜びのユズと一緒に公園に練習にいきました。
 ミニ・マイクロ(Mini Micro)はハンドルバーを倒して方向転換するタイプなので
 最初、重心の移動がうまくいかず左へ左へと流れていってしまい
 キーキー言っていたのですが、「ハンドルをまっすぐたてるようにする」を
 意識してもらってから1時間ぐらいでスイスイ走れるようになりました。
 軽くて取り回しも良いので本人も遊び易いですし、大人なら片手でヒョイともてるので
 小さい子には軽いタイプがやっぱりおすすめ。
 こだわったハンドブレーキですが、微妙な減速がしやすいのと、
 前後輪ともにブレーキがかかり、しっかり止まれるので良かったです。

 ヒナのに少し乗せてもらいましたが(耐加重101kgなので)、
 漕ぎ足を使っている体勢が続くと疲れるので、
 加速したら基本的に両足をボード上に乗せていたほうが楽です。
 で、その体勢のままで微妙な速度調整が手元でできるのが
 思っていた以上に便利でした。
 緩やかな坂なら殆ど足をつかずに、安全に降りていけてかなり楽できます。
 器用な人ならフットブレーキでもできるのかな?
 でもフットだけだと効きがそこまで良くないので、
 やっぱり両方あったほうがいいかな。

 届いた箱には全色にハンドブレーキがついている絵が載っていたので
 スイスだとハンドブレーキつきも普通に売ってるのかな?
 日本でも普通に売ってくれるといいんだけどな~

 ブレーキといえば、定期的に点検してネジを閉めなおしたりしないと
 危ないですね、これ。
 自転車と同じだと思って、うちも定期的に点検しようと思います。

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ