ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

相変わらず大量に絵本やら児童書を買っていますが、
そのなかでも、
ヒナ(小2女子)が自分から独りで読んでくれるぐらいお気に入りのもの
と、
ユズ(もうすぐ4歳)が何度も読んでくれと持ってくるものをご紹介します。

ヒナ(小2)編

 そろそろ自分で読んでほしくて色々手を出していたのですが、
 一番喜んだのが、これ。はれときどきぶた。

 --小学三年生の、畠山則安(はたけやま のりやす)くんの自慢は、
  毎日日記を書いていること。
  でもある日、母さんが日記を読んでいるのを見てしまい、
  怒った僕は母さんをびっくりさせようと、「あしたの日記」を書き始める。
  すると不思議なことが起こりはじめて--

  というお話。
 1980年が初版なので、読んだことのあるご両親も多いんじゃないでしょうか。
 実はわたしも大好きで、何度も何度も読みました。
 ヒナはルルとララシリーズを愛読しているので、
 可愛らしくて華やかなお話のほうがいいのかな?
 と思っていたのですが、懐かしくて買ってみたところ、大ヒット。
 読み終わるなり、続きを買ってくれ!とせがまれました。

 続編もたくさん出ているのですが、有名なのはこのあたりかな。
 さっそく2冊、買い足しました。




 男女問わず、小学低学年の子にはおススメ!

 お次はこちら↓

ジュディとニックのズートピア警察署事件簿  盗まれたくさ〜いチーズの謎 [ グレッグ・トライン ]


 気に入って、映画館に2回も観にいったズートピア。もちろんDVDも買いました。
 こちらの本は、映画の後にジュディとニックが色々な事件を解決する、というお話なのですが、
 小さいストーリーが4つ入っているのだと思っていたらつながっていて、
 大人が読んでも面白かったです。
 (とはいえ小学校低学年からの児童書なので、ボリュームはないですが・・・)
 振り仮名もちゃんとついているので、低学年の子でもひとりで読めます。
 ズートピアが好きなお子さんへのプレゼントにもおススメ。
 こちらも男女問わず。

ユズ(もうすぐ4歳)編
 ユズさんの最近のお気に入りがこちら↓
 


 --実は地面の下には、もぐらバスが走っていて、
  色んな動物たちを乗せて走り回っています。
  いつものように動物たちを乗せたバスが走っていると、
  キキーーッと急ブレーキ。何があったのでしょう。--

というお話。
これがまた節回しがすごく面白くて、読んでいて楽しい絵本です。
ピタゴラスイッチを作った人たちが描いたとのことですが、
どちらかというと「ばざーるでござーる」「だんご三兄弟」の生みの親、
というほうがしっくりきたかな。

ストーリー以外のところもちょこちょこ小さいコネタがいっぱい描き込まれているので、
ヒナが隣で読み上げて笑っていたりして、みんなで楽しく読める絵本です。

バス停の名前を読み上げているときは、ちょっと投げやりな感じで
バスの運転手さんっぽく読むことにしています。
「だれかんちのにわ3ちょうめ~」
あたりでクスクスっとします。

これに限らず絵本って、読んでいる側の力量も試されていると思うので
私はいつも、3種類ぐらいの声音を使い分けてかなり本格的に読んでいます・・・
(誰かに聞かれると恥ずかしいレベルで・・・笑)

でもおかげで、長い報告書を読むときでも噛みにくくなりましたし、
聞き取りやすくなったんじゃないかなぁと思います。
子育てって、実は仕事に役立つスキルもかなり鍛えられますよね。
・・・休日になると絵本を10冊ぐらい抱えてやってくるユズにも
前向きな気持ちで向き合おうと思います。

読書の秋、おすすめです♪

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ