ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

もうすぐ6歳のヒナ、
赤ちゃんのころから冬場はカサカサ肌に悩まされていて
皮膚科の常連です。

いつもはカサカサしてきたら皮膚科で処方された
「ヒルドイドソフト軟膏」をお風呂上りと
ひどいときは朝に塗布していたんですが、
ヒルドイドで血流がよくなるので少しかゆみが出たりで、
ベスト、という感じがせず・・・

今年は最新の皮膚科の情報をいろいろと集めて、
秋ごろから先手を打って、対策してみました。

今までは一年を通して、
こちらの↓ベビーセバメドを使っていました。

ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ

こちらも良い石鹸ではあるんですが、
少し冬場のヒナには洗浄力が強すぎるのかな・・・?
あるいはバリア機能の弱りがちな冬場は、
いろいろ入っているうちの何かに反応しているのかな?

というわけで、今年は秋口から
こちら↓のマルセイユ石鹸を使い始めました。

サボン・ド・マルセイユ オリーブ(100g) マリウスファーブル社


マルセイユ石鹸はオリーブ油で作られているので、
洗い上がりに油膜ができる感じになるんですよね。
それで水分の蒸発を防いでみたらどうだろう、という狙いです。
またアトピーの方なども、純度の高さや保湿の面などから
マルセイユ石鹸を選ぶそうなので参考にしました。

マルセイユ石鹸といってもいろいろな会社が出しているのですが、
マリウスファーブル社は1900年の創業以来変わる事なく、
昔ながらの釜炊きけん化法で石鹸をつくり続けているところです。
純度の高い石鹸を作るには「釜炊きけん化法」が良いようですが、
これがかなり熟練の技を必要とするようなので
歴史の長い会社が作っているものが良いと判断しました。

というわけで、夏あたりから散々悩んだ結果、
マリウスファーブルの、マルセイユ石鹸に落ち着きました。
肌が弱い方はわかると思うんですが、
石鹸かえるの、怖いんですよね^^;
今記事にしておいて何ですが、肌の調子が良い、
春か秋に変更するのがべストだと思います。

ちなみにマリウスファーブル社からは、
ヒナが今使っている「オリーブ油」ベースのものと、
こちらの↓「パーム油」ベースのものがあります。

サボン・ド・マルセイユ パーム(100g) マリウスファーブル社


こちらのほうが少しさっぱりするようです。
オリーブの方の石鹸でしばらく私も一緒に洗ってみたんですが
私には油脂が強すぎてにきびができてしまったので、
そういう場合は、こちらのパームのほうが良いかもですね。

ちなみに固形石鹸なので、
こちらのネットであわ立てて、身体を洗っています。

魔法の泡立てネット ソープインタイプ吸盤付き


泡だてネットはいろんな種類があると思うんですが、
こちらは石鹸を中に入れられるタイプ。
5歳児の手は小さくて石鹸を落としたりで上手に泡立てるのが難しいので、
中に袋がついているタイプにしました。
吸盤がついているのでお風呂場の壁に、
自分がとりやすい高さでヒナが自分でくっつけることができます。

こちらに石鹸をいれて、しばらく手でこすっていると
もこもこもこもこと泡がでてくるので、
その泡を使って手で洗っていく感じです。
(ネットでは身体を洗いません。泡+手で洗っています)
5歳のヒナでもひとりで全部できます。
簡単ですよ~

石鹸を変えたことが功を奏したのか、秋口しばらくは大丈夫でした。
・・・が、さすがに11月半ばぐらいからはカサカサし始めてしまったので
(それでもいつもよりはもったんですよ・・・)
こちらを追加しました。


サンホワイト


高純度のワセリンです。
ワセリン<プロペト<サンホワイトという順で
純度が高いということなので奮発してみました。
サンホワイトのほうが多少ですが
べたべたしないというメリットもあるので、
ワセリンのべたべた感が嫌!という場合は
試してみる価値はあるかと。

これをお風呂上りにいつもどおりに塗布しています。
目に入っても大丈夫なぐらいの無害なものなので、
2歳のユズがお姉ちゃんの真似をして
自分の足に塗っていたりしますが
気にせず見ていられます。

そんな感じで今年は少し大胆に保湿対策を変えてみました。
今のところ、11月になりいよいよ乾燥してきましたが
かなり良い状態をキープしています。

乳幼児期の保湿がアトピーの発症をおさえる、
と少し報道があったこともあり
保湿対策を気にされている方も多いと思いますので
何か参考になれば幸いです。

↓役にたった!面白かった~ という方はポチッとクリックお願いします~ 拍手も歓迎です↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ