ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

最近、近くにメゾンカイザーの出店が出ていて、
ヒナはクロワッサンを食べる機会が多くなったんですが、
もーすごい。
食べ終わった後は、机の上も床も、クロワッサンの欠片でいっぱい!
大雑把な私でもすごく気になるレベル…

でも、こういった局所的な部分の掃除は、ルンバ君は苦手です。
そうなると重いダイソン君をえんやこらひっぱってきて、コードを差して、
椅子を退かせてガーーーッと吸い込む…わけですが、
これがまた面倒で…
ダイニング脇にコードレスクリーナーを置いておいて、
サッと取ってサッと吸い込みたい!
という欲望に、ついに屈しました。

コードレスといえば最近、ダイソンがCMをしてますね~


でもさすがに三台目の掃除機にこの値段は高すぎるし、
ダイニングの脇に、壁にたてかけて置いておきたかったので、
候補はこちらの二つにしました。



こちらが大人気のエルゴラピード。
カラフルでおしゃれだし、自立するのもグッド!
ただ気になるのが、レビューで吸引力が弱いという意見がちらほらあるところ。
掃除機は吸ってナンボなので、ウーン…
しかも、充電時間16時間って!
私のようなウカツな女は、充電し忘れてイラッとするに決まってる!

で、見つけたのがコレ。
通販の雑誌とかに良く載ってる、マキタの充電式クリーナーです。



それも、一番吸引力が強いやつ。
オールフローリングの我が家で一番吸引力が強いタイプにした理由は、
キッチンマットもついでに掃除したかったことと、
コードレスタイプって、あんまり吸い込まないんじゃないの?という
疑惑がどうしてもぬぐえなかったため、です。

で、届いて一ヶ月ぐらい使ってみた感想ですが、
これがもうね、最っ高です!
買う前と後で、家のきれいさがぜんぜん違いますよ…
ほんのちょっとの面倒を排除するだけで、こんなに違うんだなぁ
たぶん毎日、使ってる。ほんとにちょっとなんですけどね。

ちなみにマキタ君、押すと倒れるけど、立てます。
自立とは言えないけど、壁に立てかけておく分には無問題。

吸引力も、コードレスとは思えないほど、ちゃんと吸いますよ!
舐めてたわ~、コードレス舐めてた。
ダイソン君と比べればさすがに落ちますけどね。
すっごく細かい粉塵みたいなやつは多少残ります。

充電もめちゃくちゃ早い(20分くらい)し、
重さも20分の利用ならそんなに気になりません(1.5kg)。

以下、詳細スペック比較。
エルゴラピード 充電:16時間 ,重量:2.5kg,利用時間:20分
マキタ     充電:20分,重量:1.5kg,利用時間:20分

一番の売れ筋は1万前後のタイプみたいなので、
フローリングやクッションフロアの掃除なら、
それで充分かもしれない。
絨毯やカーペットのお部屋は、ちょっと高いけど
一番吸うやつにしといたほうがいいかも。

あ、あと、紙パックタイプとカプセルタイプというのがあるので要注意です。
面倒くさがりさんには紙パックタイプがお勧め。
紙パックは経済的じゃない、と思う人も、
ダストパックっていう、洗って繰り返し使えるタイプの、
紙パック的に使えるものがあります。


私は面倒なんで毎度紙パックですが…
ちなみに紙パックは1枚40円ぐらいから。定価はもうちょい高いかな。


マキタの掃除機は業務用として使われているぐらいなんで、
やっぱ細かいとこに手が届くな~、って思います。
ほかにもオプションがたくさんあるんですが、
全然高くないので、用途によって集められそうです。
意外とオプションで、いい金額になったりするので、助かりますね~

うちはこれ↓も買いました。パソコンのキーボードを掃除してます。700円ぐらい。


高いところを掃除する場合は、ホースもあります。400円ぐらい。


絨毯のお宅は、これがあったほうがいいかな。900円ぐらい。


そんなわけで、私はすっかりマキタ君の虜です。

なので、わかりにくくて渋面になったマキタの公式も貼っときます。
<マキタ公式 充電式クリーナー>
http://www.makita.co.jp/product/li_ion/index.html
※充電式クリーナー、なぜか集塵機のとこになくて、リチウムイオンのとこにあります。
 それも下のほうに。。なぜ?

すごく長くなってしまった…
でも、愛は伝わったかと!
面倒くさがりさんにも、重いものが辛い年配の方にも
マキタの充電式クリーナー、オススメです!

参考になったわーという方はクリックしてもらえると嬉しいです。
(拍手でも、どっちでも歓迎です)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ