ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

7ヵ月ちょいあたりで始めたハイハイが…
もう高速移動できるぐらいに上達してしまいました。
しかも好奇心いっぱいの時期。

ちょっと目を離すと、
扇風機のカバーを外したり、
読みかけの小説をぐちゃぐちゃにしたり、
テレビのリモコンをよだれでべしょべしょにしたり、
パソコンのコードを引きずり出したり、
育児書の帯をビリビリにやぶいたり、
部屋中ティッシュまみれになっていたり…
まさに怪獣、です。

おちおちトイレにも行けなくなってしまったので、
ベビーサークルを投入!

うちは狭いので損は承知でレンタルにしましたが、
収納場所があって、かつ長期使うのが決まっているなら、
買った方が断然お得です。↓一万円切ってるみたいですね~

NEWミュージカル キッズランドDX

ロック式の扉のあるパネルと、おもちゃのついたパネル、
4色の標準パネルの6枚セットです。

おもちゃのついたパネルは、組み立てたその日から、
ヒナが喜んで遊んでいます。
グルグルまわる透明のボールも、カラフルな歯車も、
ハイハイ体勢でちょうど顔がうつる鏡も興味津々!

高さは大人の膝より少し高いぐらいなので、
扉を通らなくても大人は出入りできます。

組み立て自体は女性でも楽にできます。
上手にできない…という方は、連結部分をなるべく直線にしてやるとすんなり入りますよ~

当初、大人も一緒に入る予定だったので、↓こちらの拡張パネルもレンタルしました。

キッズランドDX専用 拡張パネル


でも組み立ててみて、ただでさえ狭い6畳の部屋が更に狭くなってしまい…
結局、普段は基本の6枚を一箇所の連結を外して(傘の柄の形になるように)、
目を離さなきゃいけないとき(宅配便の受け取りやトイレ等)だけ六角形にしています。
六角形にしなくても、角度をつけてやればかなり安定してたちます。
掴まり立ちをしはじめたら、しっかり連結する必要があると思いますが、
当面はこれで大丈夫そう。
拡張パネルを足して広くすると、マットと対応しなくなってしまうのも不便ですし、
とりあえず基本セットだけで入手して、どうしても必要だったら追加した方が良いかも。

下にはコチラ↓のマットをひいています。

スマートマット


新式マットはウレタン(EVA)で出来ていてクッション性はあるんですが、
布製の旧式マットみたいに丸洗いはできないので、タオルケットを上に敷いています。
ちょっとしたウンチ漏れやミルクの吐き戻しはタオルケットを洗うだけで済みます。
おろしたては、匂いがちょっと気になりました。
でも寝返りに失敗したり、お座りの姿勢からおもちゃを取ろうとして後ろに倒れたり…
まだまだ頭を床で打つことが多いので、
フローリングに薄いラグをひいただけの部屋では、マットは必需品です。
マットの上なら倒れても殆ど泣きません。

そんなわけで、とりあえずしばらくはお世話になりそうです。

赤ちゃん部屋は作れないけど、
赤ちゃんの安全スペースをカンタンに確保したい…という方にはオススメ!

↓役にたったわ~ という方はポチッとクリックお願いします~↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ