ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

GWも終わりですね~
今年は休みがつながっていたので、遠出した方も多かったかな。
我が家は夏の旅行に向けて緊縮財政中なのでおとなしくすごしました。

今日は、昨年の初秋に行った初キャンプのグッズレビューです。
これから良いシーズンなので、初キャンプという方はご参考ください。

ただ、キャンプといっても本格的なものではなくて、キャンプサイトで、
元々テントが張ってあって、というビギナー向けのタイプ。
テントの隣には屋根つきのBBQスペースがあるような、本当に初心者向けのところです。
(でも初心者でベテランが一緒にいかないような場合、最初はそういうところがいいですよ!
 特に子ども連れは。。)

キャンプで必要なグッズってめちゃくちゃ数があって・・・大きく衣・食・住分けるとこんな感じ。
衣:着替え・防寒具(虫が出るので長袖長ズボン)・パジャマ的なもの
食:BBQ台(バーナー等)・炭・クーラーボックス・トング・調理器具・食器類
住:テント(ペグ・ハンマー等ふくむ)・マット・寝袋・まくら・椅子・ランタン等の照明

全部自前で揃えるとすっごくお金がかかる!!
年に何度もいくならともかく、そうでもない場合、大物はレンタルがおすすめです。
特にテントとBBQ台は収納も嵩張ります。

<住>
うちは前述の通り、「住・食」が設備として整ったところを借りたので
殆ど買い足していませんが、サイトを見たところあまり寝具が充実していなかったので、
これ↓を買いました。

スノーピーク セパレートシュラフ オフトンワイド [ BD-103 ]


キャプテンスタッグ キャンピングシート EVAフォームマット ダブル 140×217cm UB-3001
キャプテンスタッグ キャンピングシート UB-3001

各1つずつ。
キャンプサイトに張ってあったテント(ティピータイプ)の床面積を計算して買ったのですが、ぴったりでした。
家族4人、小さめの子どもならちょうどいいぐらい。
ただ、床がごつごつしているような場所だと、マットのほうはもっと厚みがほしくなると思います。

寝袋ですが、敢えておふとんタイプにしました。
2人ともめちゃくちゃ暑がりなので、、寝袋タイプだと途中、脱出できずに大騒ぎになると思って(汗
サイズ105×210cmで、ちょうどシングル布団ぐらい。

今回はキャンプサイトに寝具があったのでそれを敷いて、
ワイドオフトンをチャックオープンで完全に広げて2枚の上掛け布団として使いました。
連結して使えるので買い足せば、少し寒い季節でも家族布団みたいな感じにできます。
2人がもう少し大きくなったら、もう1つ買い足そうかな。
ちょっとお高いですが色んな使い方ができるので
うちみたいにキャンプはたまに行く、ぐらいの人にはおススメです。

収納するとΦ28×52cmになります。一般的な寝袋にしてはやや大きめ。
たとえば登山にいく等で荷物をなるべく小さくしたい場合には向きませんのでご注意を。
収納袋はキッツキツというわけでもないので、女性が1人でも収納できます。

<食>
食事関係のものはかなり充実していたので殆ど用意しないで行ったのですが、
子どもがいる場合は、使い捨てで良いのでフォークとナイフがあったほうがいいです。
うちが行ったキャンプサイトでは手に入らなかったので、
当時まだお箸トレが完了していなかったユズはあ~んで食べていました。

あと、キャンプ場でペットボトルを買ったとき・・・ママこぼしちゃった事件がおきると悲惨なので、
こういう↓タイプのキャップをつけておくのがおススメ。
アンパンマンミュージアム 限定 アンパンマン ペットボトルキャップ
アンパンマンミュージアム 限定 アンパンマン ペットボトルキャップ

こちらはアンパンマンミュージアムの限定品。
(注:定価600円です。ミュージアム内に入らなくてもグッズショップは使えますし、
   近所の方は行ったほうがお得です。)
行くといつも何個か買って、ちょっとした出産祝いに備えています。
ストロー部分が市販のものを取り付けるタイプなので衛生的です。
この手のものはストローの洗浄が難しいですからね~

ちなみに、100円均一などにも似たようなタイプが売っています。
子どもがひとりで蓋を閉めにくかったりやや漏れたりすることがありますが、
キャンプで一時使いするなら充分です。

我が家では車のなかとか、こぼさないでほしい場所で子どもが独りで飲むシーンがある場合に
かなりの威力を発揮しています。

キャンプにかかわらず、春~秋まで大活躍なのがこちら↓

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー+倍速凍結・氷点下パックM×2


クーラーボックスとしてはやや高価ですが・・・
・とにかく冷却期間が長い
・たたんで収納できる
・軽い
のがGOOD。
保冷性能は、朝出かけて、夕方まで冷えているレベルです。
冬場は使わないのでたたんで収納しています。

Mサイズを買いましたが、500mlペットボトルが4本入るのでうちの用途としては問題なし。
アイスなんかも半日とけないので、重宝しています。
小さい子だと、アイス買っても一度に食べられず、あわあわしているうちに全部とけちゃった・・・
ということもありますよね。
でも夏場は車内も暑いしアイスが食べたい。
そういうときは、こういう↓タイプの蓋ができるアイスを買って、

ロッテ クーリッシュ バニラ 24入

食べ切れなかった分は蓋をしてクーラーボックスにin。
10時ぐらいに買ったアイス、3時のおやつで続きを食べられます。

グッズとしてはそんな感じかな。
あとは防寒具やら着替えやらをぎゅうぎゅうに詰めて・・・
初のテント泊!
子どもたちは狭いところが大好きなので大興奮でした。

テントは楽しいですが周りの音がつつぬけなので、
おとなりの女子大生たちの、
「良い男がいない」「時代が私についてこない」という話を深夜まで面白く拝聴して
ちょっと寝不足でした(笑
(子どもたちは疲れていたのでグッスリでしたが)
次は耳栓もっていったほうがいいかもですね。

今年もまたどこかに行きたいなと思ってます。
子どもとキャンプ、おすすめです。

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
(デスクライトの記事が尋常じゃない長さになりそうなので
 いったん休憩して、、ほかの事を(笑))

1月のセールで、ローラアシュレイの学習机を手に入れたヒナ。
届くまでにデスクマットやフロアマットを注文していて、
ふたつとも満足しているので、紹介しておきます♪

合わせたのはこちら↓

カラーはヒナの希望でビビットピンク。
ちょっと派手かな~と思ったのですが、敷いてみたら白い机が良く映えますし、
多少汚れても目立たないのでGOODでした。
こちら、1300mm×1400mmのワイドサイズなので、
ドーセットチルドレンのデスクセットは横が1100mmで少し大きめなのですが、
余裕でカバーできました。
ただ、引き出しを机の横にセットすると、引き出しがはみ出ますけどね。
分厚くて丈夫そう。毛羽立ちも少なくて良いカーペットです。
フローリングがいってしまうと厳しいので、
やっぱり少しお金を出してもこのぐらいの品質のものがほしいところ。

次に、机の上に敷くデスクマットですが、
こちらはドーセットチルドレンのデザインを崩さないこと、
柄が激しいと勉強しているときに気が散るので、
なるべく無地に近いものを選びました。
色々選択肢を出して、ヒナが選んだのがこちら↓

コイズミのデコプリモデル。
ちょっと姫っぽいデザインなんですが、クリアに白で描かれているので
主張しすぎなくて、ドーセットチルドレンに敷いてもぜんぜん違和感なく
馴染みました。
わかっていたことですが、机面が大きい(W110×D65cm)ので、
少しマットが小さい感じです。
ただ、このあとデスクライトを設置したときに奥行きが少し小さくなったのと、
左側は卓上にゴミ箱を置いたので、現在はそれほど
問題になっていない状況です。

実際においてみたときの画像がこちら(まだデスクカーペットは未着のとき)
デスクマット

こういった小物類は、高学年になってきて、もう少しシックな感じにしたい、
となっても買い換えられるので、
なるべく今のヒナの希望を取り入れました。
やっぱり自分で色々選ぶとテンションもあがりますよね。

現在はデスクライトもついていて、
宿題や、ちゃれんじや、あと、弟に邪魔されたくない手芸なんかは
ぜんぶ自分の部屋でやるようになりました。
すっかりお気に入りのスペースになったようで、母としても一安心です。

新一年生はもう、机はすっかり準備OKでしょうか。
次回はデスクライト、か、机周りのグッズの紹介にします♪

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
今年最後のお買い物マラソン、皆さん走ってますか?
うちはすでに大幅にオーバーランしています(笑

今回はその中から、ヒナの入学準備のうち
名前入りにできるグッズをピックアップしました!
ご参考ください^^

① えんぴつ
定番の鉛筆!と、赤鉛筆。
ヒナの通う予定の学校では、
Bもしくは2Bと指定されていました。
学校によっては柄のないもの、キャラNGだったりするようですが
特に指定なしなので、こちら↓を購入しました。

【鉛筆名前入れ無料】 ハローキティ 鉛筆<えんぴつ>六角軸 芯:2B ダースDX


【鉛筆名前入れ無料】 ハローキティ 赤鉛筆<えんぴつ> 六角軸 2本組

一応、おとなしめの柄にしましたが
入学後に周りの様子を見ながら、鉛筆は買い足していけば良いと思うので
最小限にしました。
鉛筆はいろんなお店が名前を入れてくれるので、
小学校のドレスコードを守りつつ、お子さんと選ぶと楽しいですよ。
基本的にダース以上で名前入りが無料になるところが多いみたいです。
プレゼントにも良いと思います。

②クーピー
色鉛筆、またはクーピーを12色程度という指定があったので
こちら↓を購入しました。

マイ・ネーム・入りサクラ クーピーペンシル(12色ソフトケース)

クーピーの入れ物って、実は
紙ケース、缶ケース、ソフトケースと三種類あるんですよね。
参考:サクラクレパス公式サイト

紙ケースだと水濡れしたとき等の耐久性が不安で、
缶ケースは落としたときの音がうるさそうだったのと、
ヒンジのところの耐久性が不安だったので、
ソフトケースと呼ばれるタイプにしました。
まあこのあたりはお好みですかね。

クーピーの名前つけって地味に大変なんですよね・・・
名前を書いた紙をセロハンテープでとめて、
でもだんだんズレてきたりして。
名前入りで注文すれば彫ってくれるので消えることはないので
おススメです。

色によっては見えにくいみたいなんですが、、
落としたときにわかれば良いと思うんで問題ないと思います。
デメリットは、一色なくしたり使い切ったときに
一色だけ名前を彫るのはできないだろうな、ってことぐらいですかね。。

③クレパス
クレパス、12~20色程度と指定があったので
こちらを注文しました↓

クレパス太巻20色(ゴムヒモ付)


クレパスも紙ケースと、ソフトケースがあるんですが
ソフトケースは16色しかないんですよね~
参考:サクラクレパス 公式サイト

色は多いほうが良いとおもったので、紙ケースですが20色のものにしました。
クレパスに名前を入れてくれるお店はいくつかあるんですが、
クレパスに合わせた色で巻き紙に名前を書いてくれるのが綺麗だったので
こちらのお店でお願いしました。
巻き紙に印字されているだけなので、
届いたら名前のついている部分を
セロハンテープで補強する予定です。

④ はさみ
小さいころすっごく工作が好きだったんですが、
もち手にタグみたいにぶら下げるタイプも邪魔だったし、
シールタイプもだんだんはがれてきて、
そのはがれたところが邪魔でストレスだったんです。
それがなぜか強烈に記憶に残っていたので、
ど~~~しても刃の部分に名前を彫ってくれもらいたかったんです。。

そして探し回ることしばし、見つけたのがこちら↓

【長谷川刃物/CANARY】MIM2(ミム2)(CH-150BU、CH-150P)【名入れ対応】

こちらのピンク。
学校からの指定で、ケース付とあったのですが、ばっちり付属しています。
(まあ、子供用のはさみでついていないほうが珍しいんですけどもね)

かっこよく名前が入っていても切れないとぜんぜん意味がないので
本体の評判もチェックしました。
こちら↓MIM2のAmazonの評判なんですが、怪しいぐらい良かった(笑
長谷川刃物 子ども用はさみ MIM2 CH-150-P ピンク
一安心です。

これに、こちらの↓オプションをつけると、名前を彫ってくれます。

[対象商品のみ承ります!]名入れサービス[名入れ/包丁/ハサミ/ナイフ/はさみ/ほうちょう/ないふ/プレゼント/贈り物/ギフト/人気/刃物市場]


はさみのほうが、安いじゃん?
みたいな気持ちはややありますが、
こういうのは人件費なんで。仕方ないです。
むしろこの値段で彫ってくれるなんて、すごくすごく良心的。
超おススメです。


そんな感じで、名前入りにしてくれる文房具特集でした。
名前つけは保育園時代もさんざん苦しんできたので、
楽できるところはとことん楽する所存でございます。

名前入れグッズ全般、当然ながら三月になると激混みで
下手すると入学式に間に合わない、ということもあり得ますので
早め早めに注文しておいたほうが良いですよ~

他にも、名前入りじゃないんですが
筆箱、消しゴム、したじき、定規、セロハンテープ、水のりも注文しました。
筆箱にはコットンの名前テープをボンドで貼り付け、
下敷き、定規、セロハンテープ、水のりはテープタイプを貼り付け+セロテープで補強、
消しゴムは巻き紙の内部に直書きの予定。。
冬休みに、ヒナと楽しく作業するつもりです。

参考になりましたでしょうか?
残り少ない園生活を名残惜しみながら、
たのしく入学準備のりきりましょう~

↓役にたった!面白かった~ という方はポチッとクリックお願いします~ 拍手も歓迎です↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
こどもちゃれんじ3ヶ月目に入りました。
だいぶ順調に、ひとりで問題を進められるようになってきたので
平日忙しい保育園っ子でも今のところ何とかなってます。

見ていて気づいたのが、鉛筆の持ち方が微妙に変・・・
なんども直してはいるんですが、
熱中しているとどうも変な風になってしまう。
最初は正しく持っていたはずなんですが
いつの間にか崩れていたんですね~

仕方ないので、こちら↓を購入しました。

文房具メーカーの大手、トンボが作った
えんぴつと、もちかたくんという矯正器具のセットです。

今まで幼児用の太い鉛筆を使っていて
普通の太さの鉛筆がなかったのでセットにしましたが、
もちかたくん単品でも売ってます。

左利き用もありますよ~


使い方は簡単で、ガイドに合わせて指をあてて使うだけ。
一度教えたら次から何もいわなくても一人できちんとできました。
一週間ぐらい使ってみてから、はずして普通に鉛筆を握ったところ、
ちゃんと正しい持ち方に戻ってました!!良かった~
でもこれがあると持ち易いみたいで、
もちかたくんがついたのと、ついてないのと2本を気分で使い分けています。

ヒナがちゃれんじをやっている間、
なるべく家事をすすめてしまいたい私。
大人の手を借りるタイミングを減らしたくて、
こちら↓の電動鉛筆削りを導入しました。


おくまで押し込んで、少し待つだけ。
自動で止まるので削りすぎることもありません。
三段階で鋭さを調節できるので、ねんのため一番太い状態にしています。
デザインも白でスッキリしているので、
ダイニングテーブルにおきっぱなしでも違和感ないです。

ヒナは削れるのが面白いみたいで、
まるくなってくると自分で削っています。
色鉛筆なんかも削れるので、
おかーさーん、色がでなくなっちゃった~~削って~~~
で呼ばれることがなくなりました。
もう少し大きくなれば、小さい鉛筆削りでも上手に削れると思うんですけど
4歳とか5歳ぐらいだと、力が足りなくてうまく削れないんですよね。。
オススメです!

そうそう、こちらの商品みたいな文房具類は、
小学校入学前に揃えようと思っている方が多いと思うんですが…
電動の鉛筆削り機、3月から4月頭にかけてほとんどの店舗で欠品していました。
在庫があると思ったら届くのに1ヶ月かかったり…
なので、お目当てのものがある場合は少し早めに動くのをおすすめします。

↓役にたった!面白かった~ という方はポチッとクリックお願いします~ 拍手も歓迎です↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
前の記事で、通信教育(年長)のお悩み履歴を載せました

今回はその続きで、
実際にこどもちゃれんじ(年長)を2ヶ月分やってみてどうだったか、の感想です。

<初回に届くもの>
・かんがえてはっけんシアター(DVD・25分)
 教材一式が届いたら、まず見るのがこちら。
 思ったより力が入ってました。
 ポケモンの声の人…なのかな?
 お話自体が「かきじゅんマスター」と連動していて
 そちらのモチベーションアップにもなってます。
 他にも、実験教材とリンクした内容や社会性の向上を促すような内容もあって
 ヒナはもちろん、私もなるほどなるほど、と見られました。
 5月号についてきたパスワードを入れると、
 続きのお話が見れる、という仕組み。

・かきじゅんマスター(電子機器)
 3DS等を持ってるのでさすがに見劣りします…が、
 このぐらいシンプル機能のほうがゲーム機っぽくなくていいかも。
 最初は少し手間取ってましたが、すぐにコツをつかんだみたいで
 何も言わなくても、わからないひらがなは自分で書き順を調べてました。
 5月号のパワーアップパーツをつけると、ひらがなを見分けるクイズ等が出来るようになります。
 そんな感じで毎月少しずつ問題が増えていくという仕組み。

 ボリュームはそれほどでもないので、
 5月号の内容は届いたその日に全部消化してしまいました。
 ゲームなので繰り返し遊べるのですが、
 何かモチベーションになるようなものがないと難しいかなー
 敵を倒して味方のシールを貼り付けたら、
 必要なとき以外は遊ばなくなっちゃいました。
 何度か遊ぶとメダルがもらえて、集めると何か起こる…
 みたいな追加機能がつくとより良いですね。
 
 7月号で届くパーツをつけると、カタカナも練習できるみたいで、
 今から楽しみです。
 ひらがな・カタカナ、読み書きできるようになるといいな~

・じぶんのつくえシート(机の上にしくマット)&ワークボックス(教材入れ)
 うちはダイニングテーブルでやっているので
 すごくお役立ちです。
 ワークボックス(教材を入れる箱みたいなもの)も、地味に良かった。。
 自分で広げて、そして片付けてくれるので
 ダイニングテーブルが散らかりません。
 しまうところがきっちり決まっているというのが
 これほど効果を発揮するとは…
 今後、学習机等をそろえて学習環境を整えるときにも
 気をつけたいと思います。
 …1点、目標カードみたいものを入れ替える作業は
 初日しかやりませんでした。
 このあたりは私の動機付けが甘いのもあるかな^^;

・すてきな入学準備手帳(親用の冊子)
 今年のだいたいの流れみたいのがわかってよかったです。
 特に秋に就学前健診があるのは知らなかった!
 今年のライフスタジオは秋で予約してるので
 かぶりませんように…^^;
 あと、そろそろ早い人はランドセルを検討し始めるんですね~
 うちもそろそろ考え始めることにします!

<毎月届くもの>
・基本ワーク(キッズワーク)
 約20ページぐらいです。
 だいたい見開きの問題なので10回分ですね。
 フルカラーで楽しい雰囲気で学習できます。
 問題はひらがな、カタカナ(ひらがなのルビ)で書かれています。
 一応ひなは、ひらがなはだいたいスムーズに読むことが出来るので
 自分で問題を読んで、解く、というのを練習しています。
 ひらがなが読めることと、読んで文章を理解することの間には
 大きなハードルがありますね!
 最初は四苦八苦していたヒナですが、
 5月号の後半はかなりひとりでできる部分が多くなってきたので
 そのうち全部ひとりでやってくれるようになりそうです。
 こちらを全部終えると、3枚シールを貼れるのですが、
 12ヶ月分おえると1枚絵ができあがるようになってます。
 ヒナはこれが楽しみで一生懸命やってました。

・選択ワーク(わくわくワーク or ちょうせんワーク)
 キッズワークが終わった後、わくわくワークをやることになってます。
 こちらもほとんどキッズワークと難易度はかわりません。
 (ちょうせんワークなら難しくなるんだと思います)
 だいたい30ページぐらいなので、15回分。
 1日に2~3回分ずつ、平日に進めています。
 休日は後述の「かんがえてはっけんえほん」をメインでやっているので
 ワークは好きなだけ(1回分でもOK)やってもらうことにしています。
 選択ワークは年度の途中でも切り替え可能なので、
 やってみて、簡単すぎるor難しすぎる場合にも対応できますよ~

・かんがえてはっけんえほん
 うちでは、かんがえてはっけんえほんはお父さんの担当になっています。
 土日どちらかで進めてもらって、1ヶ月以内に終わればOKと伝えてます。
 それほどボリュームもないのでたいした負担にもならないですし、
 子どもとどう遊んでいいのかわからない、というお父さんにも
 いいんじゃないかな~

 以下、教材の内容です。
<実験>
 4月号は「いろのふしぎ」でした。
 ピンクと黄色と青の透明シートがついていて、
 組み合わせて色を作りながら色々な問題を解いて
 色について深く学べるようになっています。
 5月号は「おとのひみつ」でした。
 おとはっけんマシーンというのを紙で工作して、
 音が振動であることを学ぶ、という仕組み。
 両方ともよくできていて、ヒナは楽しく学習できました。

 <絵本>
 4月号は、「ちいさいこに やさしくできるかな」、
 5月号は、「ひみつの おちゃかい」でした。
 他人の気持ちを想像して考えてみよう、という感じのお話でした。
 昔でいうところの道徳の授業みたいな感じですかね~
 絵本調でお話として読めるので、小さい子でも受け入れ易いと思います。

 <生活習慣>
 4月号は「みだしなみ」、5月号は「はみがき」でした。
 朝でるときに、めやにやねぐせ、口のまわりの汚れをチェックしたり…
 歯磨きするときに意識してほしいことが載っていました。
 小学校になる前に習慣がつくといいなー 
 はみがきのところであった、歯垢染色液は買ってみようと思ってます。
  


・工作・実験系の付録
 4月号はマスタータッチが該当なのかな?
 5月号は前述のかんがえてはっけんえほんに綴じ込まれていた
 おとはっけんマシーンでした。
 ヒナは来月のおじぎそうのお世話セットをすごく楽しみにしてます。
 
・情報誌(親用)
 子どもとの関わり方や、
 教材の使い方などが書かれた小冊子です。
 30ページ強ぐらいですかね~
 会社の行きかえりに暇つぶしで眺めるのに良いサイズです。

ここまでが、こどもちゃれんじの内容です。
続いて、こどもちゃれんじプラスの内容です。
 ※こどもちゃれんじプラスは、月額535円払うと届く追加教材です。

・もっとかんがえてはっけん(冊子)
 4月号は、どんなとびかたするのかな、でした。
 紙ひこうきにまつわる絵本調のおはなしと、
 色々な紙ひこうきの織りかた、
 作り方のコツが載ってました。
 お父さんと楽しく工作して、たくさん飛ばしてましたよ~
 付録は、スーパーかみひこうきセットでした。
 これがまた良くとびまして、ヒナだけでなくユズも大喜びでした。
 特に発射台を使ったとき!…私もしげしげと仕組みを見てしまいました。
 驚くほどビューーーーンと飛ぶんですよね。

 5月号は、ほねってなあに?でした。
 ページを三分割にはさみで切って、
 めくっていくとだんだん体の中身がみえていくようになってます。
 骨を丈夫にするには、のところは最後にクイズになっていて
 知識の定着がしやすいようになっているのもGOODでした。
 ヒナが一番気に入ったのは巻末のすごろくみたいなゲーム。
 五歳児が
 「こつばん(骨盤)・・・さこつ(鎖骨)・・・」と呟いてるのは
 なかなかに面白い光景です。
 もう家族で3回はやったかな?
 すっかり骨の名前マスターになりました。
 こういう風に遊びの中で知識が増えていく仕組みはすごくいいですね。
 市販のワークではなかなかない内容なので、満足しました。
 付録はすけすけほねポスター
 透明なポスターに骨が描かれていて(ちゃんと幼児サイズで)
 ヒナにあてて、ここにこんな骨入ってるんだって見てました。
 でもこれ、少し難があって。
 子どもは自分にあててるのでよく見えないんですよね(笑
 なので鏡の前まで移動してやったり、写真にとったりしました。
 大人用も入ってたらお互い見られて良かったかな。

テキストはフルカラーで、
子どもが楽しんで知識を増やす仕掛けがたくさんあって、
この内容で月500円ちょっとなら高くはないかなという感想です。
(まだ2ヶ月分しかやってないので、教材によってばらつきは出ると思いますが)

心配していたほど時間もかかりません。
じっくりやってもトータル1時間ぐらいで全部できると思います。
(うちは何日かにわけてやってます)
これなら週末の空いた時間で子どもと楽しく、という感じで
続けていけそうです。

----------------------------------------------------------------

こどもちゃれんじ(年長)2ヶ月分の感想でした。
期間としてはまだ始めて約1ヶ月ぐらいですが、
机にきちんと座って、えんぴつを正しくもって、
自分でどこまでテキストを進めるか決めて、
自分で問題を読んで、解いて、
というのが徐々にできるようになってきたので
受講してよかったなぁと思ってます。
内容的にもお値段相応の満足感はありましたし、
入学準備には良さそうです。

ただ、ヒナは今のところ4~6ページずつやっているため
月の後半に何もすることがなくなりそうです。
毎日何かはしてもらいたいので、問題集か何か足さないとだめかも。
しまじろうクラブ、というWebページ
会員専用でおかわりワークというものも配信されているので、まずはそれかな。
4月は6ページ、5月は5ページ分でした。

…とはいえまだ始めたてでヒナも物珍しいから
毎日がんばってるだけかもしれないので、
分量については少し様子見しようと思ってます。
勉強が大好き!というタイプではないですし、
多すぎると「終わらなくて当たり前」になってしまって
かえって良くないんですよね。

そんな感じです。ご参考になりましたでしょうか?

私ひとつ、失敗してしまったんですが…
資料請求すると↓こちらの絵本とDVDが無料プレゼントだったんです…
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
知らなかったので貰いそびれてしまいました。残念。。
どうせ受講するなら資料請求しておけばよかった。
今からじゃ、無理ですよねーーー あー
まあ仕方ない。
前向きに検討されている方は、資料請求忘れずに!!です。


次は、ちゃれんじを受講するにあたって
新しくそろえたグッズ(えんぴつのもちかた矯正グッズ等)について
ご紹介しようと思います♪

↓役にたった!面白かった~ という方はポチッとクリックお願いします~ 拍手も歓迎です↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ