ヒナちんと一緒!

育児関連のグッズレビューと、すっごくたまーにハンドメイド

しばらく前に、子どもがプールでアタマシラミをもらってきました。
かれこれ数ヶ月たち、再発も防止できているようなので、
これからプールの季節で困る親御さんもたくさんいるかと思い、
記事にするかかなり悩んだのですが、、対策をまとめることにしました。

うちの子は頭を綺麗にしてるから関係ないわ!という親御さん。以前の私です。。
しらみって、清潔でさらさらの子どもの髪の毛にも平気でつくんですって!
知ってました!?私は知りませんでした。。
てっきり、ばっちい髪の毛にだけつくものかと思っていました。
最近、(私のような)知識のない親がふえて、感染したままでいる期間が長くなり
各地で流行るようになってしまっているようです。

【感染経路】
 感染経路はプールや、あとはお昼寝の布団、タオルや帽子の共用など。
 あとは子ども同士だと頭よせあって遊んだりしますよね、それでも伝染します。
 要は、流行してしまうとどんな子でも、もらってくる可能性があるってこと、です。

【生態】
 成虫が卵を、一日に5-8個産んで、それが7日ほどで孵化して幼虫になり、
 1~3週間すると成虫になります。

 幼虫になると血を吸い始めます。かゆくなります。
 お子さんがやたら頭を掻いている場合は、怪しいので耳の後ろや首の裏の髪の生え際を
 観察してみてください。卵があるかも。

 卵は0.5mmほど、といいますが、目視が難しいサイズのものもありました。
 髪の毛についているときは白っぽい何かで、フケとかヘアキャストと似ています。
 ちょっと引っ張ってみてください。動かなかったら怪しい。
 爪をつかってこそげ落とすようにとってみて、茶色っぽかったらアウトです。

 成虫は3-5mmぐらいで容易に目視可能なはず・・・ですが、
 動きが早いらしく、頭髪を見ていても見当たりませんでした。

 とはいえ成虫もそんなに運動能力が高いわけではないので、
 ひたすら歩いていって遠くのものに感染、というよりは、
 近くにいる人間から人間へ移動していくスタイル。
 成虫も幼虫も、血を吸えなくなって3日もすると死んでしまうそうです。

【駆除】
 今回、2タイプの駆除を併用しました。
 1つ目が、スタンダードな「スミスリンシャンプー」の利用。
 2つ目が、専用の「クシ」(ニットピッカーフリーコーム)の利用です。
 とにかく1日でも早く全滅させたかったので、シャンプーもクシもお高いですが、
 泣く泣く買いました。
 【第2類医薬品】スミスリンLシャンプータイプ 80mL
 【第2類医薬品】スミスリンLシャンプータイプ 80mL
 【国内正規品】ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
 【国内正規品】ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
 まず、スミスリンシャンプーでシャンプーし、5分おいて流します。
 ヒナはあまり皮膚が強くないので心配でしたが、大丈夫でした。
 流した後はいつものシャンプーで洗って、コンディショナーでつるつるにしておきます。<重要

 次に、「専用クシ」を使ってひたすらブラッシング。
 しらみの卵は前述の通り目視が難しいサイズのものもあるので、
 指で全部とるのは不可能です。「専用クシ」は気持ち良いぐらいよく取れます。
 クシでスーッと下まで流して、クシについているものをコロコロテープにくっつけてました。
 初日は2時間ぐらいかけて髪の毛を丁寧にブラッシングしましたが、
 これだけで成虫も幼虫も卵もかなりの数を減らすことが出来ます。

 その後も、毎朝毎晩、「専用クシ」で念入りにブラッシングしました。
 スミスリンシャンプーは成虫や幼虫には卵にはあまり効かないので、3日おきに数回シャンプーします。
 シャンプーのトリセツには4回、と書かれていますが、ブラッシングを執拗に繰り返した結果、
 1週間後ぐらいには卵もがまったくとれない状態になったので、
 3回目は念のためやった、という感じでした。
 通常全滅までに2週間ぐらいかかるようなので、倍速で駆除できたようです。
 とにかく早く駆除したい!という方はシャンプー&クシの併用がおススメです。

 髪の毛も、本人の希望通りきらずにすみました!
 ・・・とはいえ、ユズの短い髪の毛はクシをかける時間が圧倒的に短かったですし、
 お姉ちゃんといちゃいちゃしていたわりに被害が殆どなかったので、
 女の子でも、本人がよければボブぐらいに切ってしまったほうが楽は楽だと思います。

 駆除期間中、当然ですが枕カバーなんかは毎日交換して、掃除機をかけていました。
 卵は薬剤などでは死にませんが、熱に弱く60℃以上で死んでしまうので、
 洗濯乾燥機をつかえば容易に駆除できます。
 (もちろん熱湯消毒でもOK)

 血を吸えなくなって3日で死んでしまう習性を利用して、
 熱をかけたくないような衣類やぬいぐるみ、あとは大判のカーペット類などは、
 しばらく人気のないところに放置するだけで大丈夫。

 インフルエンザウィルスなんかに比べると、目で見えるし運動能力も悪いし、
 さほど怖い敵ではありません。やっつけようと思えば、かならず駆除できます。

【予防】
 再発防止のために、プールの日は親が念入りにシャンプーして、
 念のため「専用クシ」でブラッシングするようにしました。
 くっついてきた初日に何とかできれば、それ以上繁殖はしませんから。

【注意点】
 今回、親は予防として念のため「専用クシ」でブラッシングしていました・・・
 が、これはあんまり良くなかったです。
 大人の髪の毛は太いので、クシの歯の間をぐぎぎぎぎという感じで通ります。
 途中、嫌な予感はしていたんですが・・・
 案の定、キューティクルがはがれまくってバッサバサになってしまいました。

 しらみ氏は、大人の髪は密度があるからか太いからかあまりお好みではないようなので、
 予防であればクシはしないでシャンプーだけでも良いと思います。
 シャンプーはお高いですが、バッサバサの髪の毛はなかなか辛いものがあります。。

もしこの春からお子さんを保育園、幼稚園、プールに通わせはじめた、
というような方は念のため「専用クシ」は買っておいても良いかもしれません。
シャンプーはお高いし劣化もすると思うので、実際かかってしまったあと、
お近くの薬局で手に入れるのが良いかと。
(シャンプー、おそらく薬局よりAmazonのほうがお安いと思うので、
 2本目以降はAmazonが良いかもですが、
 即時ほしいなら通販より実店舗がおススメです。)

クシに、心構え的な話がついた小冊子がついているのですが、
子どもとのスキンシップを楽しんで、というような趣旨の内容でした。
たしかに日々時間に追われていて、子どもの髪の毛を2時間も
いじっていることなんてないですし、良いスキンシップになったかも・・・
と(のど元過ぎてから笑)思えます。

ほんと、小さい子どもがいると、いろんなことが起こりますね!
前向きに楽しくのりきりましょう~ 参考になりましたら幸いです。

↓応援クリックということでおひとつ! 拍手でも歓迎です♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
ユズ(1)、保育園でトイレトレーニングが始まりました。
といっても普通にオムツのまま過ごしていて、
1.決められたタイミングで便座に座る
2.本人の申告があればトイレにつれていく
という緩やかなものです。

家でも同じようにするよう言われたので、
これを↓買いました。

ヒナのときに使った便座が、
いわゆるO型というやつで、後ろまで輪がつながってるタイプだったんですが
それだとゆるめウンチが拭きにくいので、U型にしました。

うちの便座はPanasonicのアラウーノSで
普通の便座より大きめなんですが、バッチリ使えます。
実家のTOTOのスタンダードのトイレでも使えたので、
かなり広い範囲の便座をカバーしてるんじゃないかと思います。

片手でユズを抱っこしたまま、
トイレの壁にたてかけておいた補助便座をさっと持ち上げ、
便座にのせるだけでセット完了。
ストレスなく使えています。
安定していてズレることもなく、ユズも怖がらずのっています。

本格的な、オムツを外してのトイレトレーニングは来年の夏かな~
それまではコレで便座に座る生活に慣れてもらおうと思います。
オススメです^^

↓役にたったわ~ という方はポチッとクリックお願いします~↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
ヒナは第一子だったので、
1歳すぎまで病気らしい病気もなかったのですが
ユズは生後2ヶ月ぐらいから鼻水が出るようになってしまいました。
授乳中など、さすがに鼻がつまって辛そうなので何か対策をと思い…
最初、ヒナが1歳すぎのときに使っていた
ママ鼻水トッテ、を買おうと思ったんです。

 >> ママ鼻水トッテ のレビューはこちら

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ
価格:806円(税込、送料別)


こちらの商品、よく鼻水がとれるので重宝していたんですが、
かなりの確率で親にもうつっちゃうんですよね…
赤ちゃんを育てている中での風邪はあまり薬も飲めないですし
なにより充分な睡眠がとれないので、かなりキツいです。
ましてや今回はヒナのお世話もしないとならないので、
母親の風邪というのはできるかぎり避けたい…

で、何とかならんかと思って調べてみたら、
今は便利なものがあるんですねーーー!


芸能人の方のブログなどで紹介されたようなので
ご存知の方も多いかな。
たかが鼻水に高価な機械ではあります…が、
低月齢の子の鼻水というのは本当に見ていて不憫なので
思い切ってみました。

こちらとも↓比較検討したのですが
電動鼻水吸引器 AC-750 「おもいやり」

電動鼻水吸引器 AC-750 「おもいやり」
価格:22,800円(税込、送料込)


メルシーポットと比べてみると…
吸引力は-80kPaでどちらも同じです。
HPを見る限り、より「おもいやり」のほうが医療機関向けで
故障しにくいようにできているようです。
個人的には、家庭で鼻がつまったときに使うぐらいの使用頻度なのであれば、
メルシーポットで充分な気がしますが
何年間も毎日何度も使う、ということであれば
「おもいやり」のほうが良いかもしれません。二年補償もついてますし。
個人的には、「おもいやり」には透明シリコンオリーブ管みえーる、という
鼻水を吸っているところが見えるシリコン管がついているのが
かなり魅力でした。
↓これ
透明シリコンオリーブ管 みえーる ロング

透明シリコンオリーブ管 みえーる ロング
価格:1,470円(税込、送料別)



やっぱり取れるところが見えたほうが、
気持ち的にスッキリ気持ちいいと思うので…

ただ、メルシーポットのパーツも透明化されたようなので
昔ほどは優位な差になってないかな。

こちらがメルシーポットのシリコンノズル。

色々考えた結果、おもいやりのメリットが
我が家の「つまったときだけ使う」用途だと
5000円分はないな…ということと、
取り扱っている店舗さんのレビューが
「おもいやり」のほうはあまりよくないものがあって…
「メルシーポット」を購入しました。

うちが購入したSeaStar Shoppingさんは、
電話の窓口も用意されているし、
レビューを見た限り問い合わせについては苦情がなさそうなので
アフターフォローは大丈夫そうかなと思っております。
(まだアフターが必要な状況になってないので
 体験談ではないんですが)

で、肝心の使ってみての感想!

鼻がつまってフゴフゴ言っていたユズが
吸い取った後はフゴフゴ言わなくなるので
高価ですが買ったかいはあったようです。
取れなくても、入り口まで移動していれば
ピンセットでとれるのでOKですし、
透明のボトルに大きな塊があったりすると
「トレタワアァア
となります…(笑
ご機嫌もよくなりますし、ほんとに助かる。。

4歳のヒナは、自力で鼻を上手にかめるのですが
奥の方に入ってしまったのは出てこないので使ってます。
フンッ フンッ って息を鼻から出してもらいながら
吸い取ると、うまくいきますよ~
お試しアレ。

ちなみにヒナ、
最初は嫌がって嫌がって大泣きだったんですが
上手にできたら飴1つ…で、今はもう慣れました。
そう痛いものではないんですけど、
気持ちよいもんでもないですからね~

ひとつ、失敗したなーと思ったのが
シリコンノズル、4歳のヒナでも小がピッタリ。
ユズとヒナと続けて吸いたいとき、
イチイチ洗ってるんですが…正直面倒くさい…
予備を買っておくべきでした。
買い足す予定なんですが、さすがに送料がばかばかしいなぁ

なので、「おもいやり」に付属してる
透明シリコンオリーブ管みえーる、
実はメルシーポットにもつけられるようなので
そちらを買ってみようかなと思ってます。
届いたらまたこちらのエントリに追記しますね。

↓役にたったわ~ という方はポチッとクリックお願いします~↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
我が家の洗面は、Panasonicのウツクシーズという
ちょっと奥行きが大きいタイプの洗面台になっています。

奥行きがある洗面台は蛇口が遠いので
三歳児が自分で水を出すのは難しいんですが、
うちはタッチレス水栓※を採用したので
ヒナは二歳ぐらいから、自分でピッと水を出せます。
※公衆トイレにあるような、センサーに手をかざすと
 水が出る仕組みです。

どうせなら石鹸も自力で何とかできれば
「手を洗う」というのを一人で
最初から最後まで出来るなと思って
最近、色々検討してました。

一番簡単で安価なのが、
固形石鹸を手前に置くという作戦。
でもヒナの小さい手だと
石鹸がつるっと滑って
床やシンクに落としたりして
かえってストレスが溜まりそうだったのと
固形石鹸があんまり好きじゃないので、
センサーがついているディスペンサーを
買うことにしました。

ほんとはこちら↓の白を買うつもりだったんですが

ホワイトはどこも売り切れで…
simplehumanの公式サイトを見ると、
廃盤っぽい雰囲気で、新しいデザインのものが
出ているようでした。
 ※英語ですが公式
 http://www.simplehuman.com/

で、この新型を日本で売っているところがないかな
と思って探したところ…
Amazonでココがヒット↓
ソープ付き!新デザイン!タッチフリー センサー ソープ ディスペンサー (シルバー)SIMPLEHUMAN
Amazonの表記によると
幅7.11cm×奥行き14.73cm×高さ20.6cm
容量約384ml
とのこと。
個人宅洗面所に置くにはやや大きめ。
そして色はシルバーのみ。
価格も高すぎ…(8,150円:2012/10/24現在)

公式を見るとcompactタイプがあって、
色もホワイトとブラックがあるので、
そっちがいいなーと待ってました。
 
で、最近、こちらの店舗で扱いが始まったので
さっそくポチッとしたのでした。

幅7.8cm×奥行き14.6cm×高さ18cm
容量約237ml
本国公式のコンパクトタイプの白です。
個人の家ならこのサイズで充分と思います。

単3乾電池4個使用です。エネループを入れました。
液体石鹸も1つついてくるんですが
うちにある普通の液体石鹸(キレイキレイ)を入れて
使ってます。

石鹸の出てくる量を調整できるのですが、
うちは一番少ない量にしました。
しばらく使ってみて、最適量を探すつもりですが、
最少量でちょうどいい気がしてます。

届いてさっそくヒナ(三歳)に
「手を洗う、を最初から最後まで
 ひとりでやってみる」
をしてもらいました。
…バッチリできました!

すでにトイレはひとりで出来るので
トイレに行って、手を洗って帰ってくる
に付き添わなくて大丈夫ってことです。
…たいしたことじゃない、と思うかもですが
意外とこういうちょっとしたことが
一人で全部できてくれると
特に身重の妊婦や新生児抱えた産後は
助かるもんなんですよ。

キッチンにももうひとつ欲しくなってきました。
キッチンもセンサー水栓なんで、
石鹸もセンサーで出てくれると
ベタベタの手でどこにも触らなくて良いですから
すごく衛生的…なんじゃないかなと。

自分で買うにはちょっとお高いんですが
石鹸はどこの家庭でも使うものだと思うので
引越しや新築のプレゼント、もちろん
出産祝いなんかにも喜ばれるんじゃないかなと思います。
オススメ!

↓役にたったわ~ という方はポチッとクリックお願いします~↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
楽天で買いまわりポイント10倍が始まりましたね!
そろそろ来るんじゃないかな~と思ってためていた
カートの中身が火を噴いて…アッという間に完走しました(笑

今回、2012/10/19 10:00 ~ 10/22 23:59でちょいと長めですね。

完走できる人も多いかも。
うちも入院中の生活用品とか買い足そう。。

色々と買ったんですが、
こちらの記事では二人目準備品だけ紹介します。
(ヒナ物は別エントリにします~)

1.授乳クッション
 前回買ったBOBOの授乳クッションをリピート。
 授乳後も普通にクッションとして使っていて
 さすがに中綿がへたってきたので新調しました。
 デザインが気に入ってるのと、今まで使っていた分の
 カバーがそのまま洗い替えになると思って。
 中綿も多めに入っていて、使い心地がいいのは実証済みです。
 
フィセル BOBO ママ&ベビークッション No8113

フィセル BOBO ママ&ベビークッション No8113
価格:3,444円(税込、送料別)


 前回のレビューはこちら♪

2.トコちゃんベルト2
 高い高いって迷ってたんですが、結局買いました…
 MとLの境目ぐらいなんですが、産後は骨盤のサイズが落ちるはずなので
 Mにしました。
 
トコちゃんベルト2 Mサイズ

トコちゃんベルト2 Mサイズ
価格:6,279円(税込、送料込)


 付け心地とか、詳しくはきてから別記事で詳しく解説しま~す。

3.オムツ&おしりふき
 こちらはアカチャンホンポ楽天市場店で。
 お目当てはこちら↓ 水100%のおしりふきです。
 水99%おしりふき 100枚×16個パック【TN1001】

 水99%おしりふき 100枚×16個パック【TN1001】
価格:1,780円(税込、送料別)


 ヒナのときもすごくお世話になったので、安定の箱買い。
 → 前回のおしりふきレビューはこちらから

 で、送料が無駄になるのは嫌なので、
 産院で使っているパンパースの…ゴージャスモデルをなんとなく。

 新生児はとにかく枚数使うんで、136枚だと…たぶん一ヶ月もたない。
 ヒナみたいにあっという間に巨大になったとしても、
 このぐらいなら使いきれる計算です。
 → 前回の紙おむつジプシー記録はこちら

 で、まだ送料調整が必要だったのでコレ↓も購入。
 

 ヒナのときも使っていたんですが、
 お出かけ鞄に入れておけば、これひとつで手口まわりをふいたり、
 普通におしりふきと使ったりと便利なんですよね。
 
4.ベビーセバメドシリーズ
 こちらもヒナが赤ちゃんのときに愛用していた、
 ベビーセバメドシリーズの、ボディフォーム。

 → 前回のレビューはこちらから

いまだにヒナはこちらの、泡じゃないタイプを使ってます。
泡タイプは詰め替え用がなくて割高だから、生後1年ぐらいで卒業しました。
ボトルが増えるのも邪魔だし、ヒナと一緒のを使おうかなと思ったんですが、
新生児はふにゃふにゃしててすごく洗いにくいので
泡で出るタイプにしました。
あと、ヒナ用と合わせて2本、リップクリームも購入。


5.ミルクグッズ
ヒナのとき、ほとんど使う機会がなかったので
そのまま残ってるんですが…
一応、哺乳瓶と、洗浄用スポンジだけは新調しました。
(とはいえ前使ってた哺乳瓶も、
 食洗機で洗剤なしでガーッと洗いましたけども)

うちは色々考えて母乳実感にしてます。
搾乳機もピジョンで、母乳実感のボトルをそのまま装着できるので
直接哺乳瓶に絞っておいて、冷蔵庫にそのまま保管できるのも便利です。

今は色々柄があるんですね~
前回3本で足りたんで、今回は2本だけ買い足し。
最初からデカい240mlにしました。
私は腱鞘炎が怖いのでなるべく軽いプラばっかり買ってます。

ブラシはコレ↓と
母乳実感専用 乳首ブラシ / 母乳実感

母乳実感専用 乳首ブラシ / 母乳実感
価格:249円(税込、送料別)


コレ↓

チュチュベビーのブラシは初めて使うので、
思うところあればこちらに追記します。
哺乳瓶用のスポンジは、ガラス用・プラ用・ガラス&プラ用とあるので
買うときは注意してくださいね~

6.陣痛中の水分補給に

陣痛中はペットボトルのキャップをあけて呷って飲む、というのが
なかなかしんどいので、ボトルでチューをペットボトルにつけて
口元まで運んでもらってました。
今回も立会いできるかわからないですが、
でも自分で飲むにしてもあったほうが絶対便利。
陣痛中って唸ってるし、息を吐く、という作業を
意識して必死でやってるので意外と喉が渇くんですよね。

ボトルでチューは産後の夜間授乳のときにも使ってました。
授乳するととにかく喉が渇くんですけど、
暗闇で授乳してるのでこぼしたりすると大変です。
ボトルでチューをつけておけば蓋の閉め忘れもそうないし、
倒しても被害が少なくてすみます。オススメ!
ボトルでチューのレビューはこちらから

で、使い捨てしないなら、このαというセットのがオススメです。
ストローが2本、ストロー掃除用のブラシがついてます。
このブラシはその後使う、子供用のストロー付きマグ
ストロー掃除にも便利に使えますから無駄にはなりません。

二人目出産準備品としてはこれで全部。
二人目なんで、大きな買い物がない分
かなり出費は抑えられますし、
一人目で悩んだ分、悩まず即決できるのも助かる。
うちでは他に、少しだけヤフオクで
肌着とガーゼを買い足したぐらいです。

買いまわりのグッズが到着すれば、
いよいよ準備完了、のはずです!
来週から正産期に入るので、ぎりぎりセーフかな~
産んでから5日は入院なんで、さすがに退院までには届くかな。

↓役にたったわ~ という方はポチッとクリックお願いします~↓
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ